[ WB工法施工実績 北陸NO.1 ]

tel.0120-513-933

受付時間/年中無休 9:00〜20:00

家づくりの前に読みたい 無料各種資料プレゼント

通気断熱WB工法とは|開発物語

第4話 赤ちゃんからお年寄りまで健康に暮らせる家をつくりたい

第4話
「赤ちゃんからお年寄りまで健康に暮らせる家をつくりたい」

空気の流れ図
 暖かい部屋の壁際で上昇気流が起きているのに対して、壁の向こう側では冷たい空気が下に下がる“コールドドラフト現象”が起きている。つまり、床下の冷たい空気が、グルグルと壁の中を循環しながら、家全体を冷却するように動いていたことになる。蒸れ・腐れを防ぐために、壁と壁の間の空気を止めなかったことが、寒さの原因だったのだ。
 外気温が0度のとき、床下の温度は通気を止めていても8度ぐらい。その冷たい空気が壁一枚隔てたところを流れていたのでは、寒いはずだ。
 夏の暑さと湿気対策に適した在来構法の家の弱点は、冬の寒さ。これさえ解決できれば自分が理想とする家づくりができるはずだ。寺島の課題が明確になってきた。
 タバコの煙から偶然発見した空気の流れ。冷えた空気が壁に流れているから寒いのだから、冬は壁の中の空気を動かないようにする必要がある。
 寺島の頭なかで、何かが動き始めた。
WB工法につながるアイデアの素が生まれた瞬間だった。
家づくり一筋にやってきて、「何かがおかしい」と感じたのは、大工として、棟梁としてだけでなく、人間としての直観であったかもしれない。
 「まず、なによりも赤ちゃんからお年寄りまでが健康に暮らせ、家が蒸れたり腐ったりせずに長持ちする、みんなを幸せにできる家をつくりたい」
 棟梁・寺島のガッツがめらめらと燃え始めた。