[ WB工法施工実績 北陸NO.1 ]

tel.0120-513-933

受付時間/年中無休 9:00〜20:00

家づくりの前に読みたい 無料各種資料プレゼント

通気断熱WB工法とは|開発物語

第9話 公的融資を最大限に活用し、製品開発へ

第9話
「公的融資を最大限に活用し、製品開発へ」

加工工場写真
 新しく来た銀行支店長の励ましで、寺島は自分の会社で開発することを決意し、まずは資金の手当てから着手することにした。
 「創造活動促進法」を利用すると、最高2000万円までの助成が可能なこと、「経営革新法」では担保の2倍までの融資が受けられることなどを教えてもらい、最大限の公的融資を申請した。どれもすぐれた技術が条件だ。
 「ここまでの融資は前例がありませんね」と担当者からは冷ややかな対応をされたものの、なんとか資金調達の目処がたった。
 「よし、あとは製品開発。前進あるのみだ!」
 まず、百枚を超える図面を基に、中小企業支援センターの協力を得ながら加工工場に金型製作と加工を依頼した。
 「どんな試作品ができてくるだろう」と楽しみに待っていたが、いくら待っても形にはなってこない。  「いったいどうなっているんですか。いつになったらやってもらえるんですか」問い合わせにも焦りが入る。  ベンチャー企業の製品開発は、先の見通しがつかないため、なかなか動いてはもらえない。せっかく資金の目処がたったのに、なんの成果もあげられないまま過ぎていく時間が歯がゆかった。
 「人が動かないなら自分が動くしかない!」
 思いあまった寺島は、30年前の同僚を頼って愛知県に飛んだ。そこでプレス加工金型の26種類を依頼することにした。プラスチックの成型17種は、地元で金型を造ってもらうことにした。
 ようやく製品づくりに向かって具体的な動きが始まった。
 平成10年5月のことだった。