[ WB工法施工実績 北陸NO.1 ]

tel.0120-513-933

受付時間/年中無休 9:00〜20:00

家づくりの前に読みたい 無料各種資料プレゼント

通気断熱WB工法とは|ホルムアルデヒドの透過実験

ホルムアルデヒドの減少が表すWB工法の性能

ワンダーベース内実験棟の室内にホルムアルデヒドを充満させ、室内のホルムアルデヒドの時間変化を測定した結果です。

通気透湿仕様[WB工法]と非通気透湿仕様[一般的な住宅]の比較イラスト

両者とも機械換気を使用していない密閉された状態。

ホルムアルデヒドが湿気と共に、透湿性の壁を通して屋外に抜けていったため、通気性と透湿性のある建物では、約48時間後には厚生労働省の指針値(0.08ppm)以下に下がっている事が確認できます。
ビニールクロスを使用した室内では、ホルムアルデヒドが室内にこもり濃度が下がっていく事はありません。このような状態ではシックハウスの危険性があるため、24時間換気を常に回しておく必要がります。